内山総一郎 個展 「Frolic Like the Animals」

2014年7月26日(土)まで


「On the flower carpet」 72.7×53.0㎝ oil on canvas


立体 「Goat」 h14.5×w20.0×d17.0㎝ スタイロフォーム、石粉粘土、アクリル絵具

内山総一郎は1981年長野県に生まれ。幼少期から、高校までを富士山の麓の小さな森に囲
まれた場所で過ごしました。現在は、都内で幼児を対象とした造形表現を教えています。
今回の展覧会「Frolic Like the Animals」はそんな幼少期の体験や現在の仕事がきっ
かけとなっています。森で感じた何かの影や足音。やがて、日が落ち、やってくる闇の存
在感。動物になりきることで、自身もその一部になって、自由に遊び回ることができます。
粘土を着彩した動物の立体と、それに変身した子どもの姿を油彩で描き、展示します。
これまで、年一回ほどのペースで個展をしてきましたが、ギャラリーみるめでは初の個展
となります。ぜひご高覧ください。